ハーブティーは飲むアロマテラピーと言われるほど、その香りには良い効果を出してくれます。不眠症対策としてもハーブティーは効果を出してくれまして、そのハーブの香りによって、心の疲れを解消してくれたり、神経の緊張をほぐしてくれるのです。しかしハーブティは紅茶なので、カフェインが入っているため、不眠症対策には適さないのではないかと言う人もいます。しかし紅茶の中でもハーブティーはカフェインが少ないと言われております。それと、最近ではノンカフェインのハーブティーも色々と出てきておりまして、眠る1時間ほど前くらいにノンカフェインのハーブティーを飲むことで心を落ち着かせることができ、眠りを誘ってくれる働きをしてくれます。そしてそのハーブティーを牛乳で混ぜてミルクティーとして飲みますと、さらに効果を引き出してくれるといわれております。牛乳にも眠りを誘う効果がありますので、眠れるようにしたいと思うのであれば試してみる価値はあるかもしれません。

関連ページ