住宅ローン審査で担当者に好印象を与えるための対策とは?

住宅ローン審査で担当者に好印象を与えるための対策住宅ローン審査でも担当するのは人間です。
そうなると僅かながらも担当者の主観が入り込む余地があると思います。
すると担当者に好印象を与えれば、審査に良い影響を与えることも期待でいます。
もちろんそのために何かを贈って良い結果を得ようとするのは、法に触れる可能性もあるので絶対にやってはいけないことです。
しかし見た目や言動で相手に与える印象と言うものは、誰でも自由にできる行為で積極的に行うべきです。
そのため対策として相手に一番印象を与えるものは服装だと思います。
住宅ローン審査を依頼するのに服装は基本的に決まりはないので、どのようなものでもいいです。
例えば運動着で今にもスポーツをするような姿で行っても申請に何ら問題はありません。
しかしこの場合の担当者に対する印象はあまりいいようには捉えられないと思います。
何故なら運動しに来たと思われて、本当にローンを組む気があるのかと思われてしまうからです。
そのためスーツが無難だと思います。
もちろん普段着でも、おしゃれなら十分好印象を与えると思われます。
住宅ローン審査申し込みからの流れは?銀行選び!【基準の比較方法は?】