行政書士の利益を増やす方法にはどんなものがある?

行政書士の収入は一般的に低いと言われています。
500万円未満、300万円未満が多数を占めると言われています。
行政書士は現在全国に4万人以上いて、毎年数千人が試験に合格して増えています。
商売敵がドンドン増えている状態です。
行政書士の仕事は定期的に毎月あるというものは少なく、1回限りということがほとんどです。
したがって、こういった仕事を如何に取ってくるか、どのようにリピーターになってもらうか、という営業が大切になります。
また、やっている人が少ない分野にターゲットを定めるということもあります。
入管関係、在留許可や帰化申請などの外国人相手の仕事がそれです。
外国語が出来ることが条件になりますが、意思疎通が出来れば書類は同じような内容なので、少し勉強すれば出来るようになります。
今後、外国人相手の業務が増えると考えられるので、業務拡大のチャンスです。