住宅ローンを上手に借りる方法

将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。

住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

ローンの申し込みをする際は、金利・審査・諸費用がかかります。

審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。

金利は契約を結んだ月のものを採用します。

諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

多くの方が申し込み?3、4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。

フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

35年という長い間、世の景気に左右されることなく、審査が少し変わっています。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

とはいえ、年収や勤続年数などはこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをすると、返済額が減る事もあります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えにはそういったケースも含め住信SBIネット銀行の住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

参考:http://xn--r8j3gwjwbr0b0d9567ausbvx8c3ft21vqr8h.com/banks/

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。

という内容の保険です。

これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入に当たり住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。

審査の合否は約1週間前後かかります。

ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。

諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。

住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

契約終了には約3~4カ月かかる事が多いです。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそんな時は、比較的安い中古物件の住宅ローンを探しましょう。

ただし注意しておきたい点がいくつかあります。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、いくらになるのかを事前に確認しておきましょう。

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。

フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり一般的なローン同様、重要視されます。

それに加え、これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

仮に住宅ローンを返金している最中に、失業したら今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。

このような場合に備えて、抑えておくと安心です。

第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。

辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。

勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。

家が欲しいと思ったとき金融機関で申し込み可能な住宅購入時の貸付が頼れます。

申し込みした場合、初めに審査があります。

それにパスが出来ないと次の段階には行けません。

特に重要視されがちな判断材料は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

また、カードローンの使用歴なども厳しくチェックすることがあるのでもし住宅購入を今後真剣に考えているのであれば無理な使い方はしないようにしてください。

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

そのような場合にスペシャリストであるアドバイザーに相談し、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

理由として考えられるのは以下のような方です。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、事務手数料などが無料の銀行を選びましょう。

目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で無理のない返済が出来るように計画を立てましょう。

迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

マイホームを購入する際は頭金が必要です。

頭金が無くても購入出来る!という広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。